賛助会員制度のご案内

「だいかぞくとは」

四世代が学べるつながるみんなの「おうち」

「4世代交流ハウス 中野宝橋だいかぞく」は、どこか懐かしい日本家屋の「おうち」で、普段なかなか交流することのない「4世代」 子どもたち(0歳~10代)、お父さん・お母さん(20代~40代)、おじいちゃん・おばあちゃん(50代~60代)、ひいおじいちゃん・ひいおばあちゃん(70代~)が集まり、共に遊び、共に学び、共に成長していくトコロです。ひと昔前では兄弟も多く、地域交流が盛んでこうした交流は当たり前の光景でしたが、現代社会では核家族化が進み、地域交流は希薄化しています。「だいかぞく」はこうした「古き良き日本の姿」を再発見し、今に活かそうというプロジェクトでもあります。血のつながりはないけれど「かぞく」のような繋がりがたくさん出来ることを願い活動しています。

中野宝橋だいかぞくの醍醐味

子どもたち(4世代)

核家族化で近くに頼れる親族がいない親子や、少子化で兄弟・いとこのいない子でも、ここに集まれば異年齢の子や他世代と触れ合うことができ、「だいかぞく」の疑似体験ができます。小さいうちからたくさんの人に触れ合い、集団生活をすることで、コミュニケーション力や思いやりの心、場の空気を読む力(協調性)、忍耐力などのEQ(こころの知能指数)が自然と身に付きます。
また、日々の取り組みでは、0歳児から身体的、知的、言語、社会性の発達を総合的に考えたプログラムで、IQ(知能指数)も伸ばします。
乳幼児の成長には、「環境」が大切です。

0~1歳

人見知りが始まる時期ですが、お友だちや少し上のお兄ちゃん、お姉ちゃんの行動を観察し、たくさんの刺激を受け、自発的に動くようになり、家では見たことの無い表情や姿が見られるかもしれません。


1~2歳

自我が芽生え、周りとの衝突が増え、いやいや時期になりますが、たくさんのお友だちと遊び、時にはケンカをしながらコミュニケーション能力の向上と同時に集団生活に慣れていきます。「だいかぞく」では子どものいざこざになるべく大人は介入せず、子ども同士で問題を解決していくプロセスを「木の上に立って見守る」というスタンスで運営しています。
また、言葉をしゃべれるようになってくるこの時期に、語彙数を増やすため、実物、写真、絵などいろいろなモノに触れる体験をします。


2~3歳

模倣時期で、子ども同士での関わりが多くなるため、ごっこ遊びや集団遊びなどを多く取り入れて遊びます。毎回造形をし、想像力や手先の発達を促します。また、知的好奇心が高まる時期なので、「だいかぞく」のおうちを跳びだし、家族ではできないような多くの体験をします。

おとうさん・おかあさん(3世代)

日頃子育てに忙しいママ同士が交流できることが「だいかぞく」の醍醐味です。初めてのこどもで育て方に不安があったり、自分のこどもの成長に不安になったりと一人で子育てしているママは不安だらけですが、「だいかぞく」は先輩ママ、おばあちゃん、その上にはひいおばあちゃんがいるので色んな不安は交流すれば解消されていきます。そして忙しいママでも学べるワークショップがたくさんあります。その間は「だいかぞく」のスタッフがお子さんの面倒を見ながらママは自由に「だいかぞく」のプログラムで学ぶことが出来ます。「だいかぞく」は皆さんの「子育て」を応援しています。

おじいちゃん・おばあちゃん、ひいおじいちゃん・ひいおばあちゃん(2世代・1世代)

我々「だいかぞく」が今一番危惧しているのは、国際化に伴い、昔から語りつがれてきた「むかしばなし」や「童謡」、そして「家庭料理(和食)」などの「日本文化」が軽視され、失われつつあることです。昔は嫁入り修行で母から多くの作法や料理、その他様々な事を学びました。そして孫へは歌を歌ってあげたり、昔ながらの手遊び(あやとり・おりがみ・おてだま)を教えたりしました。これは大昔から人から人へと引き継がれ現代まで残る日本固有の宝です。そこで日本の文化を知るおじいちゃん・おばあちゃんの出番なのです。この活動の賛助会員となっていただき「だいかぞく」に訪れるこれからの日本の宝である子どもたちに大きな「知」の財産を残す活動にご協力ください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ