賛助会員制度のご案内

施設名 中野宝橋だいかぞく
所在地 〒164-0013 東京都中野区弥生町1-2-4
電話番号 03-6300-6782
メールアドレス info@dai-kazoku.com
設立 平成25年12月

出身:東京都

2児(2歳女の子と1歳男の子)の現役子育てママ
「だいかぞく」のママ“みんみん”

・大学から始めたライフセービングを活かし、卒業後水泳のインストラクターとして勤務
 ベビーの親子クラス、幼児・小学生、大人、高齢者のウォーキングクラスまで幅広い層を指導
・その後2年半オーストラリアに留学し、旅行業・アウトドアレクリエーションを学ぶ
・帰国後JTBの添乗員として、学生旅行を中心に国内・海外を駆け回る
・妊娠を機に退職し、妊娠中にチャイルドマインダーの資格を取得
・出産後は、子育てに専念
・幼児教室をしていた母の影響もあり、自分の子どもにしてあげたいことを詰め込んだ「中野宝橋だいかぞく」をオープン
出身:東京都

4児の孫を持つ、「だいかぞく」のバアバ


・娘の知能開発教室の教育方針に共鳴し、講師資格取得
・2人の子供たちの私立小学校受験が終わり、1990年から自宅で幼稚園、小学校の受験塾をスタート
以後20年弱受験塾を経営し、約300名の子供達と関わる
・2008年 もう一つの夢にチャレンジ、総合旅行業取扱管理者資格を取得
 取得後 子供向け旅行会社をスタートさせようと思っている時東日本大震災が起こり、断念
・2008年~2013年 自分のスキルアップのため、添乗員資格、ヘルパー2級資格、第2種自動車免許取得、保育士資格取得
・2013年 幼児教室、旅行業の経験を生かし、「中野宝橋だいかぞく」をオープン

玄関

ここは近くにある成願寺というお寺さんの宿舎として使われていた昭和にできた旧家です。昔は遠方からはるばるやってきた参拝者の方がここで宿泊するという施設でした。なので入口の立て看板には「成願寺 宝橋尞」と言う文字が刻まれています。この近くには「宝橋」という橋があります。昔からこの辺は宝橋と呼ばれており住所は弥生町。昔ながらの東京がそのまま残されている地域です。

スペース A

ここはいつも子供たちが「内あそび」をする場所です。お爺ちゃんお婆ちゃんが来ればここでみんなでお歌を歌ったり、ワークショップの先生が来ればここでママはお勉強したり。多目的に使えるスペースです。奥の本棚には絵本がたくさんあります。読み聞かせをしたり自分で読んだりと自由なスペースです。

スペース B

となりの部屋も子供達が遊べる部屋です。電子ピアノを置いてここでお歌を歌ったり、お昼になればみんなここで一緒にご飯を食べたり、お絵かきや絵具や粘土で遊ぶ時もここで遊びます。みんなで騒いだり大きな声を出してもOK!

スペース C(和室)

事務局兼学べるだいかぞくなどのワークショップをここで行う事が多い部屋です。習字のお勉強や着付けのお勉強、その他日本文化を継承するワークショップやセミナーなどがここで行われることがありますが、もちろん子供たちの遊び場所としても機能します。

庭

中野宝橋だいかぞくには庭もあります。小さな庭園のような庭で四季折々の花や草木が生えています。こちらを利用したプログラムは現在ありませんが、何かが始まると思います。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ